1. TOP
  2. シルクと下着の知識
  3. E'sオリジナルで使用しているシルク

E'sオリジナルで使用しているシルク

シルク生地にも種類や品質がいろいろあります。
E'sオリジナルのシルクの生地は、まるで肌着にしか見えないような生地ではなく、アウターのブランドが使っているクラスの、質が良く、カラーも今のトレンドを反映させたものを使っています。

シルクスムース【正絹】

シルクスムース 100-110g/160g

表面と裏面が同じ編み方のニット生地で、弾力があり柔らかく、気持ちの良い滑らかな肌触りです。シルクジャージーに比べてしなやかでストレッチ性のある生地です。
流れるような美しいドレープとほのかな光沢感には上品さが漂います。
100gと160gで厚さが異なります。

シルクジャージー【絹紡糸】

シルクジャージー(天竺編み)120g

弾力のあるシルクスムースと比べ、軽くふんわりとした生地で、さらりとした肌触りです。
異なる色に染めた糸で編み上げることで、杢調に仕上げており(ブラック、ホワイトは単色です)、落ち着いた光沢感でアウターとしてもお召しやすく、カジュアルな服装にも◎。
シルクスムースよりも気軽にシルクの良さをお試し頂けます。
オリジナルでは120gのものを使用しています。

シルク絹紡糸【絹紡糸】

シルク絹紡糸(天竺編み)100-110g

シルクジャージーと同じ絹紡糸で編まれた生地で、落ち着いた光沢感です。
シルクジャージーよりも生地が薄いので、更に軽くふんわりとしており、インナーに適した生地です。
生地を編み立ててから染めるので、単色です。
編み立て、染めは日本で行われています。

シルクノイル(くずまゆ)【絹紡紬糸】

糸にできなかったくず繭を紡いで糸にしているため、ネップがあり、表面はぽこぽこ…。ナチュラルで暖かみのある生地感はシルクノイルだから出せる風合いです。
シルクの特性はそのままなので、お手ごろにシルクをお試し頂けます。

シルク天竺【正絹/絹紡糸】

シルク天竺85g

当店のオリジナルで使用している天竺ニットは正絹または絹紡糸ものを使用しております。
とても薄手ですが、ほのかな光沢感があり、しっとりと滑らかでとろみのある生地感です。
重ね着してもかさばりにくいので、一年中活躍してくれます。

シルクストレッチリブ

シルクにポリウレタンを1%だけ加えたストレッチ性に優れた生地で、お肌に吸い付くような弾力のあるしっとりとした生地感です。
フライス編み(リブ編み、ゴム編み)で仕立てられているため、特に横方向の伸びに富んでおり、窮屈感・締め付け感がほとんどありません。
筒状に編み上げれる生地ですので、ストレッチ性を活かしたサイドシームレスの商品を主にお作りしております。

シルク針抜きテレコ

針抜きとは編機の針を抜いたり、不偏成にしたりして、縦列状に編目をつくらない編み組織、または編地の事をいいます。
凹凸があり比較的さらしとした感触で汗をかいてもベタつきにくく一年中快適にお召し頂けます。
横方向に伸びの良い生地です。

厚さ・透け感の比較

■3色のリボンを白い紙の上に置いて透け感を比較しました。

※室内でライトを当てて撮影しております。場所や光の条件などによって、また、生地の色によっても透け感が異なります。
予めご了承くださいませ。


  • 天竺85g
    ⇒お肌もはっきりと透ける薄手の生地です。

  • 絹紡糸100-110g
    ⇒お肌も透ける程度の薄手の生地です。

  • スムース100-110g
    ⇒肌色は目立ちにくいですが、濃い色を重ねるとはっきりと透ける程度の薄手の生地です。

  • シルクジャージー(杢色)
    ⇒シルクスムース110gよりも薄く、薄手のTシャツのような生地です。
    杢色は透けにくいです。

  • シルクジャージー(オフホワイト)
    ⇒シルクスムース110gよりも薄く、薄手のTシャツのような生地です。
    オフホワイトは特に透けます。

  • 針抜きテレコ
    ⇒お肌もうっすら透ける程度の厚さです。

  • ストレッチリブ
    ⇒濃い色がうっすら透ける程度の厚さです。

  • スムース160g
    ⇒透け感はほとんどありません。濃い色を重ねても目立ちにくい程度の厚さです。

目次に戻る